低金利なキャッシングを利用すべき理由とは

低金利 キャッシング

低金利キャッシングを活用して返済額を抑えよう

あなたはお金を借りたいと思った時、どんな点を重視してキャッシング会社を選びますか?

審査に通りやすい、貸付の条件が良いなど様々な点があると思います。

 

ここでおすすめしたい点は、低金利キャッシングについてです。

お金の金利はキャッシング会社によって設定がバラバラ。

高く設定しているところもあれば、低金利で設定しているキャッシング会社もあります。

キャッシングちゃん

金利ってそんなに借入に関係あるの?

と疑問に思う人も多いと思うのでこれから低金利、高金利について詳しく説明していきましょう。

今後キャッシングする際の参考にもなるので、ぜひ見てみてくださいね。

低金利、高金利のキャッシング

ではまずは低金利、高金利について説明します。

まず金利とはキャッシングする際に必ずつくものです。

キャッシング会社の中には一定期間無利息というサービスもありますが、これはプロミスなどの一部のキャッシング会社だけのサービスです。

ですのでキャッシングするには基本的に金利は必ずつくものと思っておいてください。

金融機関からお金を借りる際についてくる金利は、簡単に言えばレンタル料のようなものです。

金融ちゃん

借りることで発生するお金ですね。

このレンタル料を金額に計算し直すものが金利と言います。

金利は%で表示されているので、これを計算式に当てはめて、年間どれくらいのレンタル料がキャッシング会社から発生するかを知ることができるのです。

金利は基本的に年率です。

つまり計算式で出された金利は、月々ついてくる金額ではなく年間でかかる金額ということ。

この計算に必要なのは、借りている金額・金利です。

低金利?高金利?キャッシングを計算してみると全然違う!

例えば10万円を一年間借りたとしましょう。

そして金利は18%に設定されているとします。

そうしたら計算式は、10万円×18%=1万8000円となるわけです。

つまり一年で11万8000円を返済すれば完済ということ。

とても簡単なので、誰でもすぐに計算することができます。

金融ちゃん

ただ上記を見て分かるように設定されている金利が必ず必要です。

これは契約時に説明されると思いますし、うちのサイトでも書いていますが、ほとんどの人は聞き流しているかもしれません。

その際は上の一覧を見て再度確認しておきましょう。

上記の計算式で見てわかるように10万円借りて、それが一年たつだけで1万8000円増えるというのは少し損した気分になりませんか?

誰でも金利は払いたくない。だからこそキャッシングは低金利で

それが高くなれば高くなるほど嫌になるのも当然です。

しかしこれが金利が低くなった(低金利)と考えればどうでしょう。

もし上記の条件で、金利が14%に設定されていたら利息は1万4000円で済むのです。

これは10万円での借り入れ例なので、そこまで大きな差はないと感じるかもしれません。

またこれが100万円の借入となるとどうでしょう?

金融ちゃん

100万円で18%となると、一年で利息は18万円にもなります。

ですが14%の場合は14万で済むのですのでこうしてみると大きな違いであることがわかると思います。

ですのでキャッシングを検討する際は低金利の方が返済の負担も軽くなります。

返す金額が少なければ少ないほど返済も早めに終わるので、低金利の大切さがおわかりいただけたと思います。

低金利でキャッシングできる会社はどこ?

では低金利の大切さをおわかりいただいたところで、どんなキャッシング会社なら低金利で借りることができるのかを説明します。

上記に書いたように金利は金融機関によっても違いますし、各会社によっても設定が違います。

ですので低金利のところで借りたいと思ってもすぐには見つけることはできないでしょう。

いくつかの会社を比較していくしかありませんので、少し時間がかかってしまうのです。

まず金利は上限が定められています。

金融ちゃん

上限は18%となっているので、それ以上の金利を設定しているところはありません。

返済が遅れた場合は遅延金が発生するので、それにかかる金利は20%となってしまいますが。

(キャッシングにおける遅延損害金の利率は、法律で定められた上限20%まで。)

しかし通常であれば18%が基本です。

銀行は消費者金融よりも低金利で設定しています。

大体が約14%程度の金利となっているので、消費者金融に比べると4%も低く設定しているのです。

金融ちゃん

その分返済も楽になるので、低金利と言えば銀行と考えておきましょう。

ただこの金利は、借りたお金の額によって変動します。

もし高額の借入を検討している場合は金利もぐっと低く設定されるので、消費者金融でも低金利でキャッシングが可能となります。

低金利でキャッシング出来るのは銀行?消費者金融?

ではまず銀行の金利について紹介しましょう。

銀行の金利は上記で述べたように、低金利で設定されています。

ほとんどの銀行が4%~14%という金利を設定しています。

しかし中には3%のところもあったりしますので、この場合は高額の借入になればなるほど低金利になります。

続いて消費者金融の金利についてです。

消費者金融は銀行に比べるとやはり高めの金利となっています。

大体の会社は4%~18%となっています。

 

ここで「ん?」と思った方もいるのではないでしょうか?

実は消費者金融の最低金利銀行とさほど変わらない場合もある。

一部の銀行では最低金利を4%に設定しているところがあります。

そして消費者金融も一部は4%に設定しているのです。

上記に書いたように少額の融資となると上限金利が設定されるので、その場合は銀行の方がお得です。

しかし高額融資を希望する場合は、銀行と特に変わりないことも。

個々の状況をしっかり自己判断した上で検討するようにしましょう。

低金利なのは銀行だけど
審査に通りにくいデメリットも

いかがでしょうか?金利の大切さ、そして低金利で借りるならどこが良いかがお分かりいただけたと思います。

低金利のことを一番に考えるのはとてもいいことです。

なのでそれならお金を銀行で借りようと考える人も多いでしょう。

金融ちゃん

ただその際に覚えておきたいのが、銀行は審査がそれなりに厳しいということ。

これはどこの銀行もそうなので、簡単にお金を借りることはできないと思っておきましょう。

それとは逆に消費者金融のほうが比較的キャッシングしやすい印象です。

つまり銀行よりも利用しやすいということ。

準備をきちんとした上で少額の融資を希望するならで審査通過が期待できると言えるでしょう。

30日間でキャッシング返済できるなら低金利のコチラ

ちなみにあなたがもし、一時的にキャッシング会社を利用したいだけで30日以内に返済の目処が立っているのであればキャッシング会社からの借入をおすすめします。

というのも銀行は低金利ではありますが、30日以内に返しても利息は発生します。

しかしキャッシング会社であれば審査も銀行よりも比較的緩い上に30日間であれば低金利どころか無利息でキャッシングすることが出来るのです。

キャッシング会社比較

消費者金融 無利息期間 金利 借入可能額
プロミス 30日 4.5~17.8% 1000円~500万円
アコム 30日 3.0~18.0% 1万円~800万円
アイフル 30日 4.5~18.0% 1000円~500万円
モビット なし 3.0~18.0% 1万円~800万円
ノーローン 1週間 4.9~18.0% 1万円~300万円

※2017年4月現在

そう考えると短期の借入であれば無利息サービスを利用しないと損ですね!

特におすすめは、上記3社(キャッシング会社比較でも低金利な上に30日間無利息)という結果となりました。

ただ、今回は「節約できる利息額」に焦点を当てて検証しました。

利便性やスピードなど、それ以外の要素が気になる方はそれらも考慮しましょう。

この記事が、あなたのキャッシング選びの一助になれば幸いです。

低金利キャッシングおすすめ一覧

今すぐお金を借りたい時の1位プロミス WEB完結スマホで簡単申し込み

今すぐお金を借りたい プロミス

実質年率 4.5~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短即日融資も可能!
その他

30日間【無利息で】借りれる!
※メールアドレスの登録とWeb明細登録が必要です。

今すぐお金を借りたい時の2位モビット 10秒で簡易審査結果表示♪

今すぐお金を借りたい モビット

実質年率 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査時間
審査時間:10秒簡易審査
その他

『WEB完結』を利用できれば、申し込みから借り入れまで全部WEBで簡潔!

 Gモビットについてもっと詳しく知りたい>>

お金を借りたい時の3位アコム 初めてなら30日間金利0円!

今すぐお金を借りたい アコム

実質年率 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
その他

最短30分審査、最短1時間融資。

今すぐお金を借りたいなら!キャッシング厳選6社!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017